男性の悩み
パーカー

男性にとって大きな悩みの一つが、勃起不全、EDであろう。加齢やストレス、運動不足や肥満、病気による併発等様々な要因が原因で発症することが多く、高齢の男性を中心に、幅広い世代にとって、落ち込まざるをえない日々を作り出している。
EDは男性からしてみれば、男らしさの喪失でもあり大切なパートナーとの絆を失いかねない巨大な悩みなのである。

EDとは、性的な情報を目や耳で受診し、脳が受け取ったサインを性的なものと判断した後に神経系を通じて血管に作用し、血流が活性化することで陰茎へ血が流れ込み、勃起するに至るところを、何らかの原因で血流がうまく陰茎へ運ばれず、勃起しない状態の事を指す。

これには様々な原因が考えられ、血流を乱す物、例えば血管に腫瘍があったり肥満が原因で血がうまく廻らないといった外的要因が原因のものもある。しかし、これらは生活習慣の改善や運動の改善、手術によって改善することが出来る。

しかし、これらの外的要因とは異なり、脳や神経系に何かしらの理由で信号が発信されない場合、血流の活性化が行われず勃起が行われない。これは、心に大きな原因があり、勃起を妨げていると考えられる。これは心因性EDと呼称され、身体的要因とは全く異なる原因とプロセスをへて 発症される。

心因性EDは、その名の通り心に重大な原因があり、勃起を妨げている状態のことである。男性自身に重大な悩みがあり、それが心配で頭がまわらない、日頃ストレスを感じる事がある、自分自身に強いコンプレックスがある、といった様々な要因が考えられ、対応が難しい場合がある。
その他にも、幼少期に性的なトラブルや虐待、嫌がらせをされたという過去が心に大きな傷となって残り、精神的に縛られているという状態に陥った場合も、心因性のEDに掛かりやすい傾向がある。その場合は、すぐに専門の病院へ行き、克服する方法を探すべきである。

心因性EDは、身体的要因によるEDとは違い非常にとりょうが難しい部分がある。脳が興奮状態を認識していない、または脳が興奮していても神経がそれを察知出来ないなど、身体的にはなんの原因が無いにも関わらず発症するため、それを治療、克服するためには、根気強さと諦めない気持ちが必要なのである。

自分自身で気づかない場合もあるため、いざパートナーとの性行為におよんだ際に発覚したという事もありえる。自覚症状も無いために、克服には難度がある。
しかし、治療法は無いわけでは決して無く、今では数多くの対応策が存在している。希望を捨てる必要は全くなく、一人で悩まずに病院で克服法を模索していけば、必ず完治することが出来るのである。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031